スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【雑記】ペーパーマリオ カラースプラッシュに大半のマリオファンが不安の声を挙げている件に関して

スクリーンショット 2016-03-05 14.18.26

カラースプラッシュについて管理人の雑記です

昨日3/4にペーパーマリオシリーズの最新作「ペーパーマリオ カラースプラッシュ」がWiiU向けに発表されました。
今度の冒険の舞台はイロドリ諸島。
どういう経緯なのかはまだ明かされていませんが、いつも通りであればピーチ姫からのお誘いにマリオが乗ったという感じでしょうか。
イロドリ諸島にたどり着いたマリオ達が最初に見た光景は色が消えている港町。そしてヘイホーに色を吸われ真っ白になり、動かなくなったキノピオ。
マリオ達は色が無くなった原因を探すために冒険を始めます。

と、ここまで書くとなんだか面白そうな話に思えます。ちょっとホラーな感じがペーパーマリオらしくて良いですよね。
ですが今作は現状多くのマリオファンから非難の声を浴びせられています。
それはなぜでしょうか。

お分かりの方も多いと思いますが、まず「ペーパーマリオ スーパーシール」の続編を思わせる内容が多い点が挙げられます。
今までのファンをあれだけがっかりさせたゲームの面影があるのですから、それはもう・・・震えますよね。
実際早起きしてダイレクトを観ていた僕は複雑な心境に陥りました。
嬉しいのに、楽しみなのに、がっかりとこんな感じです。
そして多くのペーパーマリオ好きが期待していた内容は、マリオストーリー、ペーパーマリオRPGの続編でしょう。
暖かい沢山の仲間との絆、熱いシナリオなどを楽しみにしていたわけです。
ペーパーマリオRPGから既に10年以上が経過しています。今年で12周年です。
今回こそは・・・との思いがありました。

それらが全て打ち砕かれました。
仲間はもちろんのこと、今回も経験値がなさそうに見えます。
戦闘内容はゲームパッドのタッチスクリーンを使った遊び、公開されている敵はいつも通りマリオのキャラクター。
この場面では大量のキノピオ達が登場しています。


スクリーンショット 2016-03-05 14.15.47
↑最近はマリルイペーパーでも沢山見た光景です

既視感。
グラフィックはとてつもなく紙として進化しているのにこの既視感。

以上が多くのマリオファンが今作に非難の声を浴びせている主な原因です。
今回が楽しみ!という声も多少は見かけたので、全てのマリオファンが残念に感じているわけではありませんが、
これが求めていたペーパーマリオという人はかなり少ないと思います。

ただ僕は前から「スーパーシールの続編もいつかは見て見たい」とは思っていました。
スーパーシールがとてももったいない作品に仕上がっていたからです。
ゲームシステムの発想の時点で嫌う人も多いと思いますが、僕はシールを使った新しい戦闘などには好意的でした。
仲間システムをずっと続けるのはマンネリを招きますし、シールだけというシンプルさには魅かれるものがありました。
しかしそれが上手く料理できていたとは思えませんでした。
戦闘後の見返りが少ないのはもちろんですが、バトルスロットなどの要素も煮詰めたりていないと感じました。
モノシールもそうです。演出は面白いのですが効果がいちまいち分かりづらく、博物館に寄贈すると消えてしまうのでかなり面倒な仕様になっています。(もう一回手に入れることはできるので失うものの美学とかないです。ただ面倒なだけです。)
謎解きに使用する際のモノシールも分かりづらく、持っていなければ一回戻りもう一度コースを最後まで進めなければならず、
更には失敗したシールは消えてしまうので、これもまた入手しに行かなければならない点も大きな不満点です。とにかく面倒です。
シールコンプと旗全部解禁まで2周やりましたが、もうこのゲームを遊びたいという気持ちは消え失せました。
ただでさえシナリオが薄いのに、我ながらよくやったと思っています。

そういうわけで、スーパーシールを反省したスーパーシールであれば、遊んでみたいと思うようになりました。
もちろんその反省してほしい内容にはシナリオ面やボリューム面なども含まれています。
なので今回スーパーシール路線で新しい新作が出たことを、僕は好意的に捉えようと思います。

イロドリ諸島という新しい舞台を用意し、ペーパーマリオRPGのように船に乗ってマリオ達が訪れているだけで、
既に世界観に関しては改善の兆しがあると感じています。


スクリーンショット 2016-03-05 14.17.41
↑ちょっと懐かしい感じがしました

ワールドマップを見ていてもかなりわくわくします。

スクリーンショット 2016-03-05 14.16.41
↑マリオストーリーのように機関車が映っていたり楽しそうな世界観に見えます

Wiiで発売されたスーパーペーパーマリオもRPGからアクションになってしまい、当時はファンの嘆きを多く見かけました。
ですが発売後は素敵なシナリオと世界観、魅力的なキャラクターに魅了されたファンが多く、
ゲーム自体の面白さもあり概ね好評を博しました。

今回もそうなることを祈っています。
むしろ今回でまたスーパーシールのような過ちを犯した場合、僕はもう絶対に期待しません。
マリオファンなので不買なんてことは一生しませんが、ISに対して全く期待しません。
はずさないでください。必ず当ててほしいです。
今は期待しています。




ペーパーマリオ スーパーシール
任天堂 (2012-12-06)
売り上げランキング: 1,149


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

新作マリオゲーム
マリオ&ソニック AT リオオリンピック Wiiリモコンプラスセット(アカ・シロ)
マリオ&ソニック AT リオオリンピック
マリオ&ソニック AT リオオリンピック(TM)
マリオテニス ウルトラスマッシュ
【Kindleキャンペーン対象商品】 マリオ&ルイージRPG ペーパーマリオMIX 【Kindleカタログをダウンロードすると200円OFF(2016/1/12迄)】
スーパーマリオメーカー (【特典】ソフトカバー仕様ブックレット 同梱)
追加コンテンツ
大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U 追加コンテンツ クラウド+ミッドガルステージ セット [オンラインコード]
大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U 追加コンテンツ 第1~2弾ファイターまとめパック [オンラインコード]
マリオカート8 追加コンテンツ第1弾+第2弾 まとめてお得パック [オンラインコード]
新マリオグッズ
ウノ スーパーマリオ(DRD00)
スーパーマリオブラザーズ百科: 任天堂公式ガイドブック (ワンダーライフスペシャル 任天堂公式ガイドブック)
スーパーマリオメーカー すごい!!コースつくれ~る
任天堂 マリオ花札 (赤)
任天堂 マリオ花札 (黒)
アクアビーズ スーパーマリオキャラクターセット
アクアビーズ スーパーマリオ スタンダードセット
最近のマリオ関連ゲーム

ヨッシー ウールワールド
マリオvs.ドンキーコング みんなでミニランド
マリオvs.ドンキーコング みんなでミニランド
マリオパーティ10
大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U
大乱闘 スマッシュ ブラザーズ for ニンテンドー 3DS
マリオカート8
ベストセラー
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。