スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩田社長最大のピンチ 3DSはマリオで巻き返せるのか?



マリオといわっちの笑顔に癒される



1通のメールが物語る 任天堂の苦境



・8月初め、任天堂で1通のメールが社内に衝撃を与えた。
 「ここ10年、任天堂はバブリーに拡大しました。そのせいでお金の使い方が荒くなっていませんか?」
 メールにつづられていたのは、こんな問いかけだ。送り主は社長の岩田聡。自由な発想で世界中の
 ゲームファンに夢と感動と驚きを――。そんな奔放な社風を是とする任天堂に突如下ったコスト
 削減指令だった。

 任天堂は日本を代表する高収益企業だ。ここ数年、2000億~5000億円前後の営業利益をたたき出し、
 保有資産は現預金だけで約8000億円。日本経済新聞の調査によると、今夏のボーナス支給額は
 約162万円で、3年連続首位。これまで経費削減とは縁のない会社だった。

 だが2011年4~6月期に四半期決算として初めて営業赤字を計上。任天堂株の時価総額は
 ピークの5分の1に激減した。
 「本当にカラーコピーじゃないといけないのか」「事務機器の更新が短くなっていないか」「飛行機は
 ビジネスクラスに乗る必要があるのか」「残業で深夜タクシーの利用が日常化していないか」――。
 岩田の指示は細部に及んだ。社員に危機感の共有を訴え、引き締めを図ろうとする意識が
 にじんでいた。岩田は各部門に何ができるかを報告するように伝えた後、メールの末尾をこう結んだ。
 「皆さんの底力を見せて下さい。私も最大限努力します」

 任天堂に何が起きているのか。実はその数日前、岩田は経営者として、これまでに味わったことの
 ない苦い経験に直面していた。
 7月28日、任天堂が開いた記者会見は異様な緊張感に包まれていた。
 最初に明らかにしたのは、4~6月期に377億円の営業赤字を計上したことだった。
 次に岩田の口から出たのは、今春に発売したばかりの「ニンテンドー3DS」(従来価格
 2万5000円)を一気に1万円値下げするという発表だった。

ゲーム開発会社、HAL研究所から転身し、ゲーム機やソフトの開発を先導
 してきた岩田。ソニーとの競争で一時は色あせかけた輝きを復活させたのも、
 岩田が開発者としての才能に加え、絶妙な経営感覚を持ち合わせていたからだった。

 室蘭市の市長を務めた政治家の父親譲りの面もあってか、発言はいつも理路整然。
 説得力があり、自信に満ちあふれながらもソフトな語り口に、周囲は魅了された。新製品の
 発表時に見せる華麗なパフォーマンスにゲームファンはくぎ付けになり、岩田が繰り出す
 経営戦略、新製品はことごとくヒットした。

 「消費者第一」の姿勢を強調し、経営手法などに関するメディア取材をほとんどと言って
 いいほど受け付けないのが任天堂流。そこには「経営に口出しされる必要がないほどの
 高収益を上げている」という自負があったのかもしれない。だが今回の赤字決算を受け、
 その自負は揺らぎ始めているようだ。

 岩田の決断は、消費者から厳しい批判を浴びた。
 「1万円返せ」。3DSの大幅値下げ発表直後から、インターネットの掲示板などには、
 任天堂を辛辣に批判する書き込みが殺到した。そんな反応を予想していたからか、
 岩田は自社のホームページ上に社長名で異例のコメントを掲載している。
 「任天堂の岩田です。発売から半年も経過せずに、しかもこれほど大幅な値下げを
 したことは、任天堂の過去の歴史にはありませんでした。最初にニンテンドー3DSを
 応援して下さった皆さまからのご信頼を損ない、ご批判を受けかねないことだと
 痛感しております」

 値下げに衝撃を受けたのは、ゲームユーザーだけではない。任天堂の社員も大幅な
 緊急値下げを驚きを持って受け止めた。ある社員は「経営陣には相当な危機感が
 あるのだろう」と不安の声を漏らす。

 もっとも大幅値下げに踏み切った岩田には、相応の決意があった。
 岩田は大幅値下げを発表する前、社内でこう訴えている。「一度、勢いが落ちた流れを
 変えるには、相当思い切った手段が必要になる。5000円の値下げでは効果が薄い。
 もう二度と値下げする必要がない価格まで引き下げよう」

岩田は「ゲームビジネスはハイリスク・ハイリターンだ」と熟知している。すぐに値下げ効果は
 表れた。これまで3DSの国内販売は週2万~3万台前後だったが、エンターブレインによると、
 値下げに踏み切った週は約21万台に急拡大。翌週も10万台強を売り上げている。

 3DSは製造原価や流通費用などのコストが1万円台後半とされ、1万5000円の販売価格
 では損失が生じる。さらに今回、任天堂は家電量販店などの小売店に対し、プライス
 プロテクション(在庫補償)を実施している。旧価格で納入した3DSの在庫に対し、
 値下げ分を補償するため、ここでも大きな損失が発生する。

 一見すると、3DSは売れば売れるほど赤字になる格好だが、それでも岩田は「必ず
 状況は変えられる」と強気の姿勢を崩さない。
 起死回生のカギはソフト戦略にあるようだ。任天堂は勝負どころと位置づける年末商戦に
 向け、人気ゲームソフト「スーパーマリオ」シリーズなどを相次いで投入。ハードで値ごろ感を
 打ち出し、人気ソフトを3D画面で楽しみたい消費者を呼び込む。ハードとソフトの両輪が
 かみ合えば、量産効果が効いて3DSの利益率も改善する。そんな戦略が透けて見える。

 ただゲーム市場ではここ数年、過去に例を見ない劇的な構造変化が起こっている。
 ゲーム専用機に代わる新たなプラットフォームとして、スマートフォンやタブレット
 端末が普及。グリーや「モバゲー」に代表されるSNS系のゲームも台頭してきた。

 任天堂やソニーが開発を競ってきたゲーム専用機の存在感は明らかに低下。消費者を
 囲い込めるような斬新で魅力的なソフトを提供し続けないと、ゲーム機の爆発的な普及を
 見込めなくなった。従来のような競合ゲーム機メーカー同士のシェア争いと違い、
 ゲーム市場自体が変貌するなか、「ゲーム専用機+ゲームソフト」というビジネスモデル
 自体の持続性を疑問視する声もある。
 岩田はスマートフォンやSNSの普及と任天堂の失速について「因果関係はない」と
 強弁するが、それは3DSを回復軌道に乗せることで実証するしかない。カリスマ経営者は
 再び光を放てるのか。社長就任から、ちょうど10年目。岩田は今、最大の試練を迎えている。






正直、最近の任天堂のやり方はマリオファンとして気に食わないことばかりだったけど
これ読んでたら応援したくなってきた




スポンサーサイト

テーマ : 3DSゲーム、3DSニュース、3DS情報
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

めぐめさん
逆に言えばここまでしっかりと断定して書いているってのも引っかかります
何より任天堂と連携している日経の記事ですからね、こんな堂々とした嘘は普通は書かないと思います

こんにゃくさん
そうですね
面白いゲームを作りつづけてくれる会社には売れてほしいものです
正に任天堂のことですね

KYKさん
単純な作業で仲間と共有できるのが楽しいのでしょうね
課金で競わせて盛り上げるのも一つの商売のあり方だと思いますが
私は断然任天堂のゲーム作りを応援します

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
新作マリオゲーム
マリオ&ソニック AT リオオリンピック Wiiリモコンプラスセット(アカ・シロ)
マリオ&ソニック AT リオオリンピック
マリオ&ソニック AT リオオリンピック(TM)
マリオテニス ウルトラスマッシュ
【Kindleキャンペーン対象商品】 マリオ&ルイージRPG ペーパーマリオMIX 【Kindleカタログをダウンロードすると200円OFF(2016/1/12迄)】
スーパーマリオメーカー (【特典】ソフトカバー仕様ブックレット 同梱)
追加コンテンツ
大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U 追加コンテンツ クラウド+ミッドガルステージ セット [オンラインコード]
大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U 追加コンテンツ 第1~2弾ファイターまとめパック [オンラインコード]
マリオカート8 追加コンテンツ第1弾+第2弾 まとめてお得パック [オンラインコード]
新マリオグッズ
ウノ スーパーマリオ(DRD00)
スーパーマリオブラザーズ百科: 任天堂公式ガイドブック (ワンダーライフスペシャル 任天堂公式ガイドブック)
スーパーマリオメーカー すごい!!コースつくれ~る
任天堂 マリオ花札 (赤)
任天堂 マリオ花札 (黒)
アクアビーズ スーパーマリオキャラクターセット
アクアビーズ スーパーマリオ スタンダードセット
最近のマリオ関連ゲーム

ヨッシー ウールワールド
マリオvs.ドンキーコング みんなでミニランド
マリオvs.ドンキーコング みんなでミニランド
マリオパーティ10
大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U
大乱闘 スマッシュ ブラザーズ for ニンテンドー 3DS
マリオカート8
ベストセラー
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。